還元型コエンザイムQ10(補酵素)と酸化型コエンザイムQ10(補酵素)の違い

> > 還元型コエンザイムQ10(補酵素)と酸化型コエンザイムQ10(補酵素)の違い

還元型コエンザイムQ10(補酵素)と酸化型コエンザイムQ10(補酵素)の違い

ミトコンドリア細胞イメージ近くのスーパーで「金沢ヨーグルト」という見なれないヨーグルトを発見しました。

3つの成分が配合されていると表記されてまして、
エンテロコッカス乳酸菌(EF-1)と、石川県産のハトムギエキスと「還元型コエンザイムQ10」だそうです。

コエンザイムQ10は、若返りの酵素という認識を持っていたのですが、その詳しい働きも説明されてました。

人間の体内にある細胞ひとつひとつに含まれる、ミトコンドリアがしっかりと働くために必要なのが、コエンザイムQ10(補酵素)と呼ばれるものです。

コエンザイムQ10には「酸化型」「還元型」の2種類があり、サプリメントなどで販売されるコエンザイムQ10は、以前はほとんどが「酸化型」でした。

しかし、もともと体内で作られるコエンザイムQ10は、「還元型」なのだそうです。

酸化型」のコエンザイムQ10を摂取した場合、実は体内で「還元型」に変換してから効果を発揮しています。
しかし加齢や病気、ストレスなどにより、還元型に変える力が低下して身体に取り込まれる割合も低下します。

そこで、体内ですぐに使える「還元型コエンザイムQ10」の開発進められ、酸化型コエンザイムQ10製造開始から約30年後、世界で初めて日本で「還元型コエンザイムQ10」が開発製造されるようになったそうです。

「酸化型」で効果を実感できなかった人でも、その効果が十分に実感できるようになったと言われています。

補酵素の働きも酵素と同じように、重要なのだということがわかりました。


還元型コエンザイムQ10(補酵素)と酸化型コエンザイムQ10(補酵素)の違い関連ページ

還元型コエンザイムQ10(補酵素)と酸化型コエンザイムQ10(補酵素)の違い
還元型コエンザイムQ10(補酵素)と酸化型コエンザイムQ10(補酵素)の違いついての説明。
酵素風呂の効果と特徴を知りたい
酵素風呂の効果とその特徴についてのまとめ。
「酵素」は健康のカギで地球の生命も酵素のおかげ
あらゆる場面での酵素の使われ方について。酵素が担う働きについて。
酵素がたくさん含まれている食べ物は?
酵素が豊富な食材の紹介。酵素を効果的に摂取するための豆知識。
炭水化物分解酵素など...代表的な酵素が不足すると栄養失調になる!?
体の中には、約1万3000種を超える酵素があるといわれています。 代表的なものは...
酸化したものを食べると酵素がたくさん使われてしまう・・
ポテトチップスや作り置きの天ぷらなど、酸化した食べ物は、体内で活性酸素を作るもとになるそうです。
白砂糖の取り過ぎでシミやシワになるそうです・・・トホホ・・
白砂糖を取り過ぎると、活性酸素が発生して、シミやシワになりやすい。頭痛や肩こり、腰痛も甘いものの食べ過ぎが原因という話も。
酵素は噛むと増える・おろしても増える
酵素は熱に弱くて48℃で死んでしまうのですが、不思議なことに噛んたり、おろしたりすると増えるそうです。
酵素は熱に弱いので「50度調理」がおすすめ!
酵素は熱に弱く、53度以上に加熱されると活力が失われてしまう性質があるので、「50度調理」がおすすめ!
酵素の最適な環境は、中性に近いph6~8、温度は摂氏37度~46度
酵素は、自分のお気に入りの環境でしか働かない性質がある。酵素の最適な環境は、phが中性に近いph6~8、温度は摂氏37度~46度くらい。
体の中には、代謝酵素と消化酵素があり、その種類は3000以上~
体の中には、代謝酵素と消化酵素があり、その種類は3000以上。

コメントする