酵素がたくさん含まれている食べ物は?

> > 酵素がたくさん含まれている食べ物は?

酵素がたくさん含まれている食べ物は?

和定食.jpg生野菜や果物に酵素がタップリ含まれていることは、いままで学んだ中でわかりました。

それだけだと、飽きてしまいそうです。
他にどんな食品に入っているのでしょうか。

日本の伝統食である発酵食品に、酵素は豊富に含まれているそうです。

ただし、昔ながらの製法でしっくり自然に発酵させたものです。

今は大量生産のために、おくすりを使って即席で納豆を発酵させたりしていますから、
そのあたりの見極めが重要になりますね。

お味噌、納豆、漬物、麹や酒粕などが発酵食品です。

調味料として使われる、醤油、みりん、酒、酢なども発酵して作るので、酵素がたくさん含まれています。

これも、短期間で作るために加熱殺菌している商品も多いので、非加熱で時間をかけて発酵させてあるものを選びたいです。

納豆や味噌などの植物性の乳酸菌は、日本人の腸と相性がいいので、生きたまま腸に届く割合が高くなります。

納豆は、よくかき混ぜてネバネバさせてからいただきましょう。酵素の量が増えるそうですよ。

味噌汁を作るときは、具材を似た後に、ぬるめのお湯でお味噌を溶かしましょう。
あまり熱いと、酵素は働かなくなります。

ちょっとした気づかいで、あますとこなく酵素を享受したいですね。


酵素がたくさん含まれている食べ物は?関連ページ

還元型コエンザイムQ10(補酵素)と酸化型コエンザイムQ10(補酵素)の違い
還元型コエンザイムQ10(補酵素)と酸化型コエンザイムQ10(補酵素)の違いついての説明。
酵素風呂の効果と特徴を知りたい
酵素風呂の効果とその特徴についてのまとめ。
「酵素」は健康のカギで地球の生命も酵素のおかげ
あらゆる場面での酵素の使われ方について。酵素が担う働きについて。
酵素がたくさん含まれている食べ物は?
酵素が豊富な食材の紹介。酵素を効果的に摂取するための豆知識。
炭水化物分解酵素など...代表的な酵素が不足すると栄養失調になる!?
体の中には、約1万3000種を超える酵素があるといわれています。 代表的なものは...
酸化したものを食べると酵素がたくさん使われてしまう・・
ポテトチップスや作り置きの天ぷらなど、酸化した食べ物は、体内で活性酸素を作るもとになるそうです。
白砂糖の取り過ぎでシミやシワになるそうです・・・トホホ・・
白砂糖を取り過ぎると、活性酸素が発生して、シミやシワになりやすい。頭痛や肩こり、腰痛も甘いものの食べ過ぎが原因という話も。
酵素は噛むと増える・おろしても増える
酵素は熱に弱くて48℃で死んでしまうのですが、不思議なことに噛んたり、おろしたりすると増えるそうです。
酵素は熱に弱いので「50度調理」がおすすめ!
酵素は熱に弱く、53度以上に加熱されると活力が失われてしまう性質があるので、「50度調理」がおすすめ!
酵素の最適な環境は、中性に近いph6~8、温度は摂氏37度~46度
酵素は、自分のお気に入りの環境でしか働かない性質がある。酵素の最適な環境は、phが中性に近いph6~8、温度は摂氏37度~46度くらい。
体の中には、代謝酵素と消化酵素があり、その種類は3000以上~
体の中には、代謝酵素と消化酵素があり、その種類は3000以上。

コメントする