食べてすぐ寝ると消化酵素も眠ってしまうので注意が必要かも

> > 食べてすぐ寝ると消化酵素も眠ってしまうので注意が必要かも

食べてすぐ寝ると消化酵素も眠ってしまうので注意が必要かも

牛食べてすぐ寝ると牛になる・・・。

よく言われますよね。

逆流性食道炎になりやすかったりとか、太りやすかったりとか、さまざまな弊害があるようですが、酵素的にみても、やっぱり、出来れば、やめておいた方がいい習慣のようです。

と言うのも、「食べ過ぎ」と「食べてすぐ寝る」ことは、酵素の無駄遣いの最たるものなのだそうです。

食べてすぐに眠ってしまうと、胃の消化酵素も眠ってしまい、食物をしっかりと消化することができなくなります。

なので、胃の中で消化不良がおこることになります。

消化不良で胃酸が全くなくなってしまうケースもあるそうです。

胃酸がなくなると、胃の中の菌が増えやすくなり、胃がんや胃潰瘍の原因となる「ピロリ菌」などの悪玉菌がはびこることになるのです。

胃の粘膜を守るムチンもなくなるので、胃壁が荒れてしまいます。

消化不良が続くと、腸の中も悪玉菌でたくさんになります。

腸の中には、人間の免疫組織の8割近くがあるので、ここが汚れると血液も汚れて、病気を招き入れやすくなるわけです。

食事のとり方が、病気の引き金になりやすいということを示しています。

また、ガンの患者さんに聞き取り調査を行ったところ、すべての人たちが「生野菜と果物は普段、ほとんど食べていなかった。」という結果も出てるそうです。

ガンになりやすい因子はいくつもありますが、酵素不足とガンの因果関係も明らかになりつつあるようです。

健康のためにも、ライフスタイルと食事のとり方を、時々見直したいですね。


食べてすぐ寝ると消化酵素も眠ってしまうので注意が必要かも関連ページ

「夏太り」解消にもOKな酵素ドリンクで健康ダイエット◎
水分の代謝が悪くなっておこる「夏太り」にも酵素ドリンクでのダイエットは、いい影響をあたえることを説明。
食べてすぐ寝ると消化酵素も眠ってしまうので注意が必要かも
食べてすぐ寝ると消化酵素も眠ってしまい、消化不良を起こすことがあります。その他、胃酸がなくなってしまったり、胃壁が荒れたりすることもあるので、健康のためにも、食事のとり方を、時々見直しましょう。

コメントする