がん細胞も酵素の力で毎晩 消されてるのだそうです

> > がん細胞も酵素の力で毎晩 消されてるのだそうです

がん細胞も酵素の力で毎晩 消されてるのだそうです

がん治療体の中では、毎日3000個近くのがん細胞が、生まれているそうです。

それでも がんが必ず発症するわけではないのは、酵素の力で消されてるから・・なのだそうです。

よく言われる、お肌のゴールデンタイムの22時から2時の時間帯に、体のほとんどの細胞は新陳代謝を行っているのですね。

それで、がん細胞も代謝酵素によってメンテナンスされて、日々できても毎夜ごとに退治サれているというわけです。

眠っている間に再生復活しているのです。

健康のためには、睡眠不足は厳禁というのには、奥深い理由があったのですね。

こういうことを知ると、ちゃんと早く眠らなきゃと思いますね。

ゴールデンタイムにきちんと眠ると、体内の酵素が補充されて、次の日の活動が滞りなく行えます。

眠る時間がずれ込むと、細胞の再生復活が充分に行われず、新陳代謝の少ない効率の悪い体になってしまうというわけです。

つまり、痩せない。

寝る時間の2~3時間前には食事を終わらせて、22時が無理でも0時までにはお布団に入る生活をしたいですね。

きっと、病気とも無縁の人生が続いていくような気がしますねー。



コメントする